醍醐寺



  醍醐の花見も夢のまた夢
 



 
 桜の季節はほんの一瞬です
  
  

  


  
  春の訪れを告げたかと思うと
  


  
   あっという間に風に吹かれて散ってしまう   

  

  
  そんな桜の儚さが日本人には好まれる
  
  
  

  
  戦国一の出世頭と言われた秀吉が
  
  
  


   
  死期を感じながら愛でた醍醐の桜
  
  

  
  夢のような一日だったことでしょう  
  
  

  桜前線は日本を北上します
  
  

  被災地にもあたたかい春が
  
  

  少しでもはやく来ますように
  
  

4 Responses to 醍醐寺

  1. むーみん より:

    あらすいもさん、おはようございます。
    ほんのひとときで、華やかに咲いて散っていく桜。
    秀吉は、どんな気持ちでこの桜を見たのでしょうね。
    1枚目の桜、儚さの中に凛とした強さを感じます。
    私も散り始めの醍醐の花見、やっとしてきました。特別な思いがありますね。
    特に震災の後に見る桜は・・・。

    • あらすいも より:

      むーみんさん こんばんは

      醍醐の桜は格別ですね
      日本人は桜を見たらやっぱり落ち着きますね

  2. Milk より:

    梅の季節には最近は梅のよさがわかるようになって
    「お花見は梅よね~」なんてい思ってましたが

    桜の季節になるとそんなことはすっかり忘れて
    桜の魅力に酔わされてますσ(^o^)

    • あらすいも より:

      Milkさん こんばんは

      今年は長い間梅を楽しむことができて
      梅の美しさに改めて気づいた年でした
      でもその分桜の季節は短めになってしまいましたね

Leave a Reply

Name